HAMねっと 日本語English
トップページ HAMねっとについて HAMについて お知らせ・新着情報 HAM関連のリンク集
「HAMねっと」のトップページ > お知らせ・新着情報
<前のお知らせ   お知らせの一覧   次のお知らせ>
-
- 一般市民向け公開報告会(仮)のお知らせ 2015/12/03
-

日時:平成28年1月23日(土)18:00~20:00 (17:40より受付開始)
場所:東京国際フォーラム ホールD5
http://www.t-i-forum.co.jp/TEL:03-5221-9000
対象者:一般市民の方、患者会、患者支援団体、班員会議に参加した方他
     ※事前申し込みは、不要ですが、席に限りがございますので、
       立見となる場合がございます。
     ※車椅子の方は優先席をご用意しておりますが、車椅子の方が
       多数ご来場の場合はご不便をおかけする場合がありますこと、
       ご了承ください。
問合先:国立病院機構新潟病院 臨床研究部研究班事務局
           (担当:牧野、南波、植村)
TEL:0257-22-2185/FAX:0257-22-2130(直通)
E-mail:kenkyuuhan@niigata-nh.go.jp


【プログラム(案)】
司会:町亜聖
18:00        開始
18:00~18:10 御挨拶(来賓未定)
18:10~18:40 ロボットスーツHALの世界展開と最新の話題
   山海嘉之 国立研究開発法人科学技術振興機構革新的研究開発推進プログラム
   ブロクラム・マネージャー、CYBERDYNE株式会社代表取締役
18:40~19:10(仮)HAL医療モデルの適正使用について
   中島孝 国立病院機構新潟病院副院長
19:10~19:40(仮)サイバニックスイッチ研究の現状と将来展望
   イアノフ・アレクサンデル CYBERDYNE 株式会社研究員
19:40~20:00  スイッチデモ又は総合討論
20:00         終了



お願い:CYBERDYNE株式会社の発表内容には患者情報が含まれますためお写真、動画の撮影はできません。
        予めご了承ください。



主催:平成27年度日本医療研究開発機構研究費 難治性疾患実用化研究事業
「希少難治性脳・脊髄疾患の歩行障害に対する生体電位駆動型下肢装着型補助ロボット(HAL-HN01)を用いた新たな治療実用化のための多施設共同医師主導治験の実施研究班」(中島班ロボット)



共催:平成27年度日本医療研究開発機構研究費 障害者対策総合研究開発事業
「進行したALS患者等を含む障害者のコミュニケーション支援機器開発班」(中島班スイッチ)



後援:一般社団法人日本ALS協会
     NPO法人ALS/MNDサポートセンターさくら会





-

-
copyright (C) Hamtsp-net All rights reserved.  
運営主体:難治性疾患等実用化研究事業(難治性疾患実用化研究事業)「HAMの革新的な治療法となる抗CCR4抗体療法の実用化に向けた開発」