HAMねっと 日本語English
トップページ HAMねっとについて HAMについて お知らせ・新着情報 HAM関連のリンク集
「HAMねっと」のトップページ > お知らせ・新着情報
<前のお知らせ   お知らせの一覧   次のお知らせ>
-
- NCCNガイドライン日本語版 造血器腫瘍領域公開 記念シンポジウムが開催されました。 2014/11/02
-

2014年11月2日(日)、公益財団法人 先端医療振興財団 臨床研究情報センターによりNCCNガイドライン日本語版 造血器腫瘍領域公開 記念シンポジウム「アカデミアがリードする創薬と標準治療の確立そして革新~モガリズマブを例として~」が開催されました。

抗CCR4抗体「モガリズマブ」は、日本から生まれた薬で現在ATLの治療に用いられています。このシンポジウムでは日本血液学会によるガイドラインが浜松医科大学教授 大西一功先生、NCCNによるガイドラインがSteven M. Horwitz先生により紹介されました。

またモガリズマブは、現在、聖マリアンナ医科大学 山野嘉久先生によりHAMに対しての医師主導治験が行われています。このシンポジウムでは山野先生より「HAMに対するモガリズマブの医師主導治験」という内容で発表が行われ、HAMの基礎的知識、HAMの病態形成、治験の前段階となるモガリズマブの基礎データ、現在行われている治験の紹介が行われました。

注)NCCN (National Comprehensive Cancer Network):全米を代表とするがんセンターで結成されたガイドライン策定組織





-

-
copyright (C) Hamtsp-net All rights reserved.  
運営主体:難治性疾患等実用化研究事業(難治性疾患実用化研究事業)「HAMの革新的な治療法となる抗CCR4抗体療法の実用化に向けた開発」